本文へスキップ

介護福祉士まるごとガイドでは、介護福祉士の資格仕事について解説しています

介護福祉士

介護福祉士まるごとガイドは、介護福祉士を目指す人のための情報サイトです。

介護福祉士は、介護の専門家としての国家資格です。

介護福祉士まるごとガイドへようこそ。
このサイトでは、介護福祉士を目指すもしくは、興味を持っている方向けに、介護福祉士の資格はどういうものか、
どうすればその資格を取ることができるのか、またその資格でどんな仕事ができるのかなど
介護福祉士にまつわる情報について解説しています。

介護福祉士の資格


介護福祉士とは、介護の専門家として国が認定する国家資格です。

国家資格には、業務独占のものと名称独占のものがあり、介護福祉士は、名称独占の資格になります。

具体的に説明すると、業務独占の場合は、資格を持っていないとその仕事をすることができません。

例えば、医師免許を持たない人が治療行為をすると罰せられます。業務独占の資格には、医師のほか弁護士や税理士などがあります。

これに対し、名称独占の資格は、その仕事について一定レベルの専門知識や技能を持つことを認め、社会的地位を保守するのが目的です。

ですから、資格を持たない人がその名称を名乗ることは禁じられていますが、できる仕事に制限があるわけではありません。

つまり、介護福祉士の資格を持たなくても介護の仕事はできるということです。

では、介護福祉士の資格には意味がないかというとそうではありません。

介護福祉士であるということは、国家が認めた介護の専門家だということですし、仕事の現場での信用度は大きく増すことになります。

なにより、近年では、介護福祉士の資格を持つ人に対する求人も多く、今後ますますその要望は大きくなってくることでしょう。

介護福祉士の資格を目指す人には、資格を取った後も介護の専門家としてさらに向上心を持って日々勉強に取り組んでいってもらいたいと思います。




リンクについて


当サイトでは、相互リンクの募集を
しております。
ご希望の方はこちらまで

簡単!相互リンクはこちら


LINK1  2  3  4  5  6