本文へスキップ

介護福祉士まるごとガイドでは、介護福祉士の資格仕事について解説しています

介護福祉士

介護福祉士まるごとガイドは、介護福祉士を目指す人のための情報サイトです。

介護福祉士は、介護の専門家としての国家資格です。

介護福祉士まるごとガイドへようこそ。
このサイトでは、介護福祉士を目指すもしくは、興味を持っている方向けに、介護福祉士の資格はどういうものか、
どうすればその資格を取ることができるのか、またその資格でどんな仕事ができるのかなど
介護福祉士にまつわる情報について解説しています。

介護福祉士の資格


介護福祉士とは、社会福祉士及び介護福祉士法に基づき、介護福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、身体上・精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある人の心身の状況に応じた介護を行い、その人や介護者に対して介護に関する指導を行う専門職の国家資格です。

介護福祉士は、社会福祉士がソーシャルワーカーと呼ばれるのに対し、ケアワーカーと呼ばれます。

1987年(昭和62年)にできた制度で資格登録者は898,102名です。(2010年8月末日現在)


職種の具体的なものとしては、福祉施設では、老人ホーム、身体障害者更生援護施設の「寮母・寮父」と呼ばれる介護職、在宅では、高齢者・心身障害者関係の「ホームヘルパー」などがあげられます。

また、介護職としての専門性をいかして、地域包括支援センターの職員などのように相談に当たる場合もあります。

ケアワーカー


ケアワーカー(Care Worker)とは、1987年(昭和62年)に法整備により新しく誕生した社会福祉士及び介護福祉士法の規定に基づいた国家資格であり、資格保有者の業務を指し、別名介護福祉士とも呼ばれています。

身体的・精神的な障害により日常生活行動に支障のある方に対して介護支援を行う為に必要とするスキルを認定する為の国家資格であり、名称独占資格の一つに認定されています。

介護を必要とする方に介助を行う事は、障害を越えて尊厳ある生活を送る為のサポート的行為であり一連の動作には安心と安全を守る為の豊富な経験やスキルが必要とされています。

ケアワーカーは特別養護老人ホーム・デイケアセンター等の社会福祉施設が主な活動場所です。

様々な環境や場所、その方の症状等に合わせて介護を行う必要がありますので、福祉に基づいたコミュニケーションスキルも必要でしょう。

福祉・介護に基づいた経験やスキルを用いて介助を行うスペシャリスト、それが「ケアワーカー」なのです。



リンクについて


当サイトでは、相互リンクの募集を
しております。
ご希望の方はこちらまで

簡単!相互リンクはこちら


LINK1  2  3  4  5  6