本文へスキップ

介護福祉士まるごとガイドでは、介護福祉士の資格仕事について解説しています

介護福祉士

介護福祉士まるごとガイドは、介護福祉士を目指す人のための情報サイトです。

介護福祉士は、介護の専門家としての国家資格です。

介護福祉士まるごとガイドへようこそ。
このサイトでは、介護福祉士を目指すもしくは、興味を持っている方向けに、介護福祉士の資格はどういうものか、
どうすればその資格を取ることができるのか、またその資格でどんな仕事ができるのかなど
介護福祉士にまつわる情報について解説しています。

介護福祉士に求められる資質

介護の仕事には広範囲にわたる知識や技術が求められますが、それらを身につけているだけでは十分とは言えません。

介護の仕事で最も重要なのは、人を相手にす る仕事であるということです。

そのため、介護の仕事では、次のようなことがとても重要なポイントになります。


人権の尊重

主体はあくまで介護を受ける人

臨機応変な対応


まず、常に利用者を人として尊重し、対等な人間関係を築かなければなりません。

介護を受ける人というのは、自由に体が動かせなかったり考える力が鈍ったりし ているため、どうしても立場が弱くなりがちです。

ですから、介護者に少しでも「やってあげてる」という態度が見えてしますと介護を受ける側は安心できなくな ります。

介護の仕事は、奉仕の仕事ではなくサービス業だという認識が必要といえます。

また、介護の主体はあくまで介護を受ける人の方です。

介護をする側からすると一見不合理に思える行動などであっても、本人にとってはとても大切なものであったりします。

何事においても、本人の意思を尊重しなくてはなりません。

それから、介護は相手が人です。

つまり、仕事中に様々な理由により予定通り進まなくなると時がありますが、そういったときでも臨機応変に対応できる能力が必 要になってきます。

そういった背景から介護福祉士には、まずは以下のような資質が求められるのではないでしょうか。


人と接することが好き

他人の考えを尊重できる

人に好かれやすい

協調性がある

さらに、


臨機応変に対応できる

体を動かすことが好き

責任感が強い




リンクについて


当サイトでは、相互リンクの募集を
しております。
ご希望の方はこちらまで

簡単!相互リンクはこちら


LINK1  2  3  4  5  6